https://lifetime-athlete.co.jp

コラム ビジネス マインド

仕事の失敗が怖いと悩むあなたが考えるべき3つのこと

投稿日:2017年11月13日

株式会社ライフタイム・アスリートです。

 

先日、あるセミナーに参加しました。

その中で仕事の失敗の話になりました。

 

その方が、ある新しい仕事の依頼を受けたのですが、その仕事を失敗すると今ある仕事に悪い影響が出そうで、その新しい仕事の依頼を断ったという話をされていました。

この話を聞いて、あらためて仕事についての失敗について考えました。

 

 

あなたは、仕事で失敗をしたことはありますか?

それも大きな失敗をしたことが。

 

代表の安藤がよく言うのは、

 

『僕の人生なんて失敗ばっかりだよ』

 

というフレーズです。

 

周りからはそうは見えないかもしれませんが、数限りない失敗をしながら、少しずつ前に進んでいるというのが事実だそうです。

 

『そんなはずはない。上手にやっているに違いない。。。』

と感じた方は、ぜひセミナーなどで安藤の話を聞きに来てください。

どのセミナーでも必ず失敗談が出てきますので。笑

 

とはいえ、ミスをしたり、失敗するのは気持ちが良いものではありません。

できれば、失敗したくないというのが本音ではないでしょうか?

 

ここで、失敗しないための方法をお伝えしたいのですが、それは不可能です。

なぜなら、あなたがビジネスで成功や成長をするためには、行動が必要だからです。

 

行動をすると、少なからずミスや失敗が起こるものです。

それを怖がって、行動をしないことは、仕事においてマイナス以外の何物でもありません。

そのためには、ミスや失敗を恐れず、行動することが必要になります。

 

『そんなこと言われても、出来ないものは出来ないよ。。。』

 

というあなたに、

本日は、仕事の失敗が怖いと悩んだ時に考えるべき3つのことついてお話させて頂きます。

失敗が怖い理由

まずはじめに、ミスや失敗をしたくないと考えてしまうことについてお話したいと思います。

この反応は、人間の本能的に仕方がないことだと考えています。

 

というのも、昔は、1つの失敗が人間の命を奪ってしまっていたので、自分の命を守るために失敗をしたくないというのが本能的に身に付いていると考えます。

そのため、この感情を完全に抑えることは難しいと思います。

 

ですが、仕事やビジネスにおいての失敗が、あなたの命を取るような失敗にならないことを知れば、その恐怖心をなくし、行動が出来るようにすることは可能だと考えています。

そのために必要な3つの事をお話したいと思います!

 

仕事の失敗が怖いと悩んだときに考える3つのこと

仕事の失敗が怖いと悩んだ時にあなたに考えて頂きたいことは、以下の3つのことです。

  1. その仕事がやりたいか?
  2. その失敗は、取り返しがつかない失敗になるのか?
  3. その仕事を失敗したくないと考えている本当の理由はなにか?

その仕事がやりたいか?

大前提として、その仕事がやりたいと思っているか?

ということを自問してください。

あなた自身がやりたいと思っていない仕事を無理してやろうとしてれば、それはミスや失敗に繋がります。

なぜなら、そもそもその仕事をやりたい!!と前向きに捉えていないからです。

その失敗は、取り返しがつかない失敗になるのか?

あなたは、その仕事をやりたい!!と考えているなら、次に考えることは、

 

今あなたが想像している失敗をすると、取り返しがつかない事態が起こるかどうかです。

 

もちろん例外はありますが、仕事で失敗したからと言って命を取られる事態になることはほとんどありません。

それであなたが職を失ったり、命の危険が迫るものは、やる前から博打だと分かるはずです。

 

例えば、頂いた仕事でミスをしてしまった場合、金銭面でも信用面でもマイナスになってしまうことが想定されます。

この場合の、あなたは『失敗しちゃった。どうしよう。。。。』と思っているかもしれませんが、周りはそこまで深刻に考えていることは極稀です。

それよりも次に同じようなことが行いためにどうするかという改善策を考えるところに目が向いています。

 

ほとんど失敗はその後、しっかりと改善をすれば、カバーできるものばかりです。

その仕事を失敗したくないと考えている本当の理由はなにか?

最後に考えることは、

 

その仕事を失敗したくないと考えている本当の理由はなにか?

 

ということです。

多くの人が漠然と失敗をしたくないと考えています。

ですが、その感情がなぜ起こっているのかに向き合っている人は、驚くほど少ないです。

そのため、漠然と恐怖を感じてしまうのです。

それを解消するためには、あなたがなぜ、この失敗に恐怖を感じているか?と向き合うことです。

 

冒頭の例で言えば、

新しい仕事でミスをすることで、既存の仕事に悪影響が出てしまうのではないか?

 

という気持ちが、新しい仕事を引き受けることにブレーキをかけた原因になります。

 

先ほどもお話したように、新しいことをすれば、必ずミスや失敗は起こります。

新しい仕事をパーフェクトにこなせるのは、ごく僅かな天才だけでしょう。

大切なことは、そのミスや失敗が仕事を失うようなクリティカルな問題にならないように準備をすることです。

その準備をした上で、仕事に臨めば、クリティカルな問題が起こることはほとんどありません。

仮にミスや失敗をしたとしても、後から修正をしてリカバリー出来るものばかりです。

 

失敗したもの同士で集まっても学びはありません!

この話をすると、失敗をしたことがある人から話を聞くのが重要だという意見をお持ちの方もいらっしゃいます。

もちろん、あなたが想定している失敗をしたことがある人から話を聞くことが有益な場合もあります。

ただし、これには条件があります。

その条件とは、

 

失敗した後、その失敗を克服して成功した人の話である

 

ということです。

 

厳しいことをいうと、

失敗したままの人の話に学びはありません。

あるのは反面教師だけです。

 

また、失敗したもの同士で集まって話すことは、傷の舐め合いにしかならないので、時間のムダです。

あなたが、ビジネスで成功したいなら、失敗から学び、その学びを活かした人に話を聞くことです!

 

成功者はほぼ例外なく失敗しています

ここまでの話を聞いて、まだ信じられない人は、周りの成功している人にこの質問をしてみてください。

 

「仕事で失敗したことありますか?」

 

多くの人が『失敗をしたことがある』と答えてくれると思います。

中には、『失敗をしたことがない』という人もいるかもしれません。

その人は、松下幸之助さんが言われているように

『失敗したところでやめてしまうから失敗になる。

成功するところまで続ければ、それは成功になる』

と考えている人かもしれません。

 

失敗したところでやめずに成功するためには、失敗から学び、その失敗を克服して成功した人のやり方を真似ることです。

その1つの方法をご紹介するセミナーを開催します!

当日は、成功した話だけでなく、色々な失敗談をお話し頂く予定です。

ご興味がある方は、こちらをご覧ください。

 

-コラム, ビジネス, マインド
-, ,

Copyright© 株式会社ライフタイム・アスリート , 2021 All Rights Reserved.